お客様の家(家族)は
自分の家(家族)と思い大切に接します。

私たちはヒロタの一員である事に誇りを持ち、
ヒロタのクレドを通じお客様への
最高のサービスを提供いたします。

ヒロタで働く成功の3か条

素直
プラス発想
勉強好き

ヒロタの行動指針

  • 素直な心をもつ

    私たちは何事も受け入れる心で接します。

  • 喜びを見つけ、喜びを伝える

    私たちは、分かち合う気持ちを大切にし、幸せを共感します。

  • 考える楽しみをもつ

    私たちは、あらゆる想いを実現・解決することに喜びを感じ、最良の成果が出るまで「発想」「発見」「工夫」に労力を惜しみません。

  • 約束を守ります

    私たちは、必ず約束を守り、地道な信頼の積み重ねによって信頼を築きます。

  • 自分ならではを大切にする

    私たちは、あるがままの独自性を生かし、自分らしさを大切にします。

  • 感謝の気持ちを忘れません

    私たちは、すべての出来事を人生の「学び」と捉え、ありがたく受け止め感謝を態度で表します。

  • 挑戦する心をもつ

    私たちは、常に自己の成長を求め、今やるべきことに全力で立ち向かいます。

  • 礼儀正しくいつも笑顔で接します

    私たちは、立場を弁えた責任ある行動をとり、素敵な笑顔で気持ちのいい空間をつくります。

  • 人を認める心をもつ

    私たちは、心の目と心の耳で相手のいいところを見つけ理解し尊重します。

  • 自立を考え、連帯を考える

    私たちは、一人一人が自らを高め、全社員が一丸となってより良い企業創りに努めます。

  • 相手の身になって考える

    私たちは「もし自分だったら」と、相手の気持ちを考え、思いやりを持って接します。

  • 「たがため」の心をもつ

    何かのため、人のため、を最優先に考え行動します。

社員への約束

  • 同じ志を持って働く社員は、もっとも大切な財産です。

    ヒロタは社員を守り、社員を家族と考えます。

  • ヒロタは社員一人ひとりの長所を見出し、個人の能力を最大限に伸ばします。

  • ヒロタは社員の自主性・創造性を尊重し、社員が社員を認め合い、

    信頼しあう職場環境を育みます。

ヒロタの沿革&歴史

  • ■平成9年2月

    29歳で独立起業

    建築業界に勤めていた広田は20代の独立を目指し当時29歳で思い切った一歩を踏み出した。自宅を事務所とし名称は外壁・屋根工事を主軸として「ハウスコート」を設立。

  • ■平成9年2月

    有限会社 ハウスコートを(資本金300万円)設立

    組織として会社を運営する為、事務所を桶川駅前の商業ビルに移転。社員の募集を開始する。

  • ■平成12年7月

    株式会社 ハウスコートに組織を拡大(資本金1000万円)

    お客様からの社会的信用を得る。この頃から水廻りや増改築の依頼が増える。

  • ■平成15年5月

    本社を上尾市に移転

    1階に大型ショールームを備えた会社へと転換。世のお客様がリフォーム業界に不安を持っていることを感じ、安心してリフォームを検討したり業者選びができるように「見て・触って・聞ける」場所を提供したかった。
    上尾市では初の大型ショールームとなった。
    人材改革も行い20代の若者を積極採用。フレッシュで新たな企業創りが始まる。

  • ■平成18年2月

    創業10年目を迎えるにあたり、馴染みのあった社名を
    代表者の名字(広田)ヒロタに変更

    この10年で水廻りや増改築、内装工事が増加し工事種類が多様化した。
    そこで工事の種類を特定する社名より幅広く使える社名を考え「株式会社 ヒロタ」が新たに誕生した。